SASANAMI DAYS

近江大津宮にまつわる云々 とか趣味のこと とか

天皇陵と古墳名

今、古墳がHot!…なんでしょうか、◯△の古墳に行ってきたよー(^O^)/ という話題がよく出ます。 古墳は私も当然興味がありますので、ほぅほぅ楽しそうだなぁと話を聞きますが、被葬者が誰かわからないことが非常によくあります。そもそも誰の墓なのかわからな…

京都のゆかりの地めぐり

そうだ、京都に行こう。というわけではありませんでしたが、9月に京都に所用がありましたので、空き時間で天智ゆかりの地めぐりをしてみました。 (今頃のアップでごめんなさい) まずは「山階寺跡地(推定地」 山科には何度も足を運んでいましたが、ゆかり…

クレセントオフ会(湖北)2日目

オフ会2日目はあいにくの雨で、訪問地を変更しようかどうか迷いながらまずは小浜市の羽賀寺へ向かいました。 元正天皇の勅願寺で行基さんが創建だそうです。ご本尊の十一面観世音菩薩立像は古代史一の美貌で知られる元正天皇を写したものと伝わっており、気…

クレセントオフ会(湖北)1日目

クレセントの湖北オフは醒ヶ井駅集合。中山道の醒井宿をのんびりお散歩から始まりました。桜の満開に間に合えばいいなと思っていたのですが、さすがに4月中旬ですと花は過ぎていました。また、醒井宿は梅花藻が有名なのですが、花が咲く季節にはまだ早いた…

クレセントオフ会(湖北)のひとりプレオフ

あっという間にオフ会から5ヶ月。ようやくレポートします。 クレセントのオフ会については以前にも書きましたが今年も参加できました。(H28.4.16~17)今年は湖北!クレセントならではのマニアックな香りがぷんぷんと漂います(笑) 土曜日のお昼に集合予定…

草薙の剣の行方を追って

日本書紀の天智七年の項に草薙剣が盗まれた記事が載っています。「是歳、沙門道行、草薙剣を盗みて、新羅に逃げ向く。而して中路に雨風にあひて、荒迷ひて帰る。」(岩波文庫)岩波文庫の注釈を読むと、このあと宮中に保管されていたと推測していて、朱鳥元…

天智天皇botさんのつぶやき

ツイッターで天智天皇bot(@ahumi_t)さんをフォローしています。このbotさん、なかなか面白いことをつぶやくので、気に入っているのですが時々コアなことを言うので、ドキリとします。 天智天皇bot 麻底良布神社には吾と母上、そして明日香皇子が祀られている…

天智天皇伝説の残る「琴弾ノ滝」

このゴールデンウィーク、今はなき地元ローカル登山雑誌「GreenWalk」に記事を見つけて以来、行ってみたいと気にはなっていたもののなかなか行きそびれていた山に行くことにしました。 なぜだか天智天皇伝説の残る滝 福岡県田川郡赤村。平成の大合併以降も村…

満を持して登場!近江神宮(違)

見てきました!「ちはやふる 下の句」上の句公開後すぐだったんですね。こういう興行の仕方は最近の流行りかな?半年後くらいにやるのかと思っていたらすぐだったので、慌てて行ってきました。 chihayafuru-movie.com 今度こそ!近江神宮!! 全国大会に出場…

クレセントオフ会のこと

クレセントとは漫画家・長岡良子賛成のファンサイトなんですが、かれこれ15年のお付き合いがあります。 日本史の場合、フィールドワークが重要なこともあり、ゆかりの地を尋ねることは当初から活発に行っていたのですが、それぞれ事情があったり人の出入りが…

近江神宮が舞台の映画(違)

ブログを相変わらずだいぶサボっていますが、「ちはやふる」実写映画化されると聞いてさっそく見に行ってきました。 ちなみに、漫画は読んでいますがアニメは見てません。 chihayafuru-movie.com 漫画の実写版というのはイメージの違い落胆するものですが、…

連用日記買いました

昨年秋からMDノートに日記というかライフログ的なものを書き残すようになり、三日坊主の私にしてはなんとなく続いている状況です。 健康診断のときに健康指導されて毎日体組成計に乗るようになって、その記録とその日の献立だけは書いているので、特に書きた…

読了)読書は「アウトプット」が99%

年明け、本屋に立ち寄っていると雑貨扱いの手帳がセールになっていました。 今年の手帳の運用はもう決まってるんだから買っちゃダメと思いつつ店内をうろついていたら「本読むEDiT」を発見。読書記録は別途ノートを準備しようかと考えていたところだったので…

大御歌による私の中大兄皇子像(という妄想)

新年あけましておめでとうございます。今年はブログの更新を継続していきたいと思いますので、よろしくおねがいします。さて、お正月といえば「百人一首」。百人一首といえば、秋の田の~から始まる御歌ですね。そう、天智天皇の。 秋の田のかりほの庵の苫を…

2015年最後の日に

この期におよんで来年の手帳どうしよう、と気になって朝からごそごそとやってました。 どの手帳を使うかは決まってるけど、何を書くのかちょっと迷いが出てきて。ネットで調べたところ「4行日記」が評判いいなと思ったものの、発見、教訓のところで躓いて続…

2016年の手帳

年末になると、手帳売り場をうろうろしては、来年の手帳をどうしようと考えています。…あ、年末じゃないですね、9月くらいからずっとうろうろしてました(・_・;) 未だにうろついてます。 だって楽しいんだもの。 それはさておき、来年の手帳の準備ができまし…

夢の奥城(著・長岡良子)

その昔、クレセント(長岡先生ファンサイト)内で作品紹介を掲載したときに、私が担当させてもらった時のものです。 この作品は今でもマイバイブル。 その他の作品も今後書いていきます。 ------------ 「夢の奥城」 著・長岡良子 <主な登場人物> 倭姫王(…

大野城の1350年記念式典

先々週のことになりますが、大野城市で行われた「水城・大野城・基肄城1350年記念式典に行ってきました。 http://www.mok1350.org/events/ 大野城市では昨年から記念事業として山城関連の講演やイベントを行っていて、今回の式典を締めくくりとして開催され…

ようやくパソコン買いました

再始動とか言いながら、はや3ヶ月が経とうとしています(><) ようやくパソコン買いました。…1ヶ月ほど前に。 ソフト何入れようかな~とかいろいろ考えているうちに、すっかり年末です。 XP機を使っていたころは帰宅後、パソコンを立ち上げることが日課で…

ブログ再始動

TOP

TOP

ささなみ日記(仮) http://sasanami.hatenablog.jp ブログタイトルも(仮)ですが、このページも(仮)です。

近江神宮が聖地☆

最近ちょっとハマってる漫画です。アニメ化もされてるみたいなので(未見)、ご存じの方も多いでしょうが。 「ちはやふる」(末次由紀・著) 競技かるた(百人一首)をメインにした青春ストーリーです。展開がなんだかジャンプっぽいですけど(笑)とても面…

大分市歴史資料館特別展「大分の君-飛鳥と豊後をつないだ人」

なんかもう全然近江宮について語っていませんが、もうひとつ。 大分市歴史資料館特別展「大分の君-飛鳥と豊後をつないだ人」 http://www.city.oita.lg.jp/www/contents/1320039742293/activesqr/common/other/4e97e448018.pdf ミニ企画展みたいなのを想像し…

朝倉宮探訪紀

そんなわけで、2000年7月の記事から再録。もう11年も前の旅行記ですが。 この頃、朝倉宮の発掘調査はほとんど進んでおらず、須川地区に石碑がポツンを立っていただけでした。 そう思うと本当に感慨深いものがあります。 ※ちなみに須川を朝倉宮とした説は、…

「大宰府講座(大宰府と筑後編)」受講

今回は放送大学の面接授業です。 2011/11/12-13 於:九州歴史資料館 またしても九歴の大宰府講座に参加してきました。放送大学の面接授業(スクーリング)ですが、フィールドワークのついたとっても楽しい講義なのです♪ 実は今回言いたいのは、講義の内容で…

ストレスフルな日々

久々です。 以前に紹介した「仏女ブロガー」の件は応募してましたが、普通にハズレてしまいました。 まぁほっといても自分で行っちゃう人には当たらんわな(-_-) それはさておき、職場には8月くらいからずっと10月に休みを取る根回ししてたんですが、あまりの…

飛鳥に関する本

本屋さんで飛鳥に関する本を見つけました。すご~くイイ感じ~。 極・飛鳥(2011/09/01)橿原高市広域行政事務組合商品詳細を見る 最近、奈良に関する(遺跡とか古墳とかに重点をおいたもの)本が多くてうらやましい。 「極・近江」なんて本も出版されませんか…

九博トピック展示「斉明天皇と飛鳥」

シンポジウムには行きそびれたわけですが、九博でトピック展示をひきつづきやっていましたので、見てきました。 http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_pre81.html 文化交流展示室という常設展の一部を少し変えて展示してありました。 飛鳥の亀型石造…

飛鳥の熱血プリンスとカミソリブレーン

『世紀のワイドショー ザ・今夜はヒストリー』、たまたま予告を見て「大化の改新」とあったので見てみました。 ワイドーショーっぽく、昔の事件を取り上げるっていうスタイルの歴史番組は以前からありますけど なんというか、二番煎じっぽいというか、熱血プ…

「朝倉宮と水城大堤」受講

第4回 九歴講座in太宰府「朝倉宮と水城大堤」 2011/8/20 於:太宰府市文化ふれあい館 講師:小田和利氏 九州歴史博物館の九歴講座の出張講演でした。7月にあった九歴講座と同じ内容かな?と思っていたのですが 今回は朝倉橘広庭宮について詳しく説明して下さ…